ただしバーチャルオフィスは、まだ出来たばかりのサービス分野です

ネットサービスの充実に伴い、自分のビジネスを持つためのハードルは年々低くなっています。例えば個人でネットショップを開業する人も増えていますが、法律の規定上、サイトには会社の住所を載せる必要があります。自宅で起業・開業しているなら個人の住所をオンラインに公開することになり、抵抗を感じる人も多いでしょう。アパートやマンションの規定で郵便受けに会社名を掲げることができず、宛名が商号になっている郵便物を受け取れない場合もあります。そのような時に便利なのがバーチャルオフィスです。

これまでも格安でレンタルできるスモールオフィスは存在しましたが、特に「バーチャルオフィス」と言った場合、会社用の住所を借りるだけのサービスを指すことがほとんどです。実際に部屋を契約するわけではないので、月々数千円から利用できるサービスもあります。顧客からの問合せ窓口をメールのみにしたり、転送電話を併用したりすれば、プライベートな個人情報を表に出さず事業ができます。郵便物は自宅へ転送するのが一般的な形です。またサービスのオプションとして、電話を代わりに受けてくれる秘書サービスや、商談に使えるスペースの時間貸しを利用できる所もあります。

ただしバーチャルオフィスは、まだ出来たばかりのサービス分野です。業者によっては従来の格安レンタルオフィスや共有会議室をバーチャルオフィスと呼んでいることもあります。利用の際にはサービスごとの説明をよく確認しましょう。

バーチャルオフィスは、詐欺業者に利用される場合もあります。
そうした被害をうけないために、http://www.progressalliance.org/ のようなサイトを探して情報収集し
知識を蓄えておきましょう。